京都 烏丸 ゲストハウス 太鼓屋

京都 烏丸 ゲストハウス 太鼓屋 宿 kyoto GuestHouse TAIKO-YA

旅から帰ってみて。

旅から帰ってみて。

旅

新しいことを始めるには熱量がいる。

体力が必要だ。

旅も出会いも環境を変えるのは全て体力。

だから大概、自分がこんなもんならいけるかなってところに収まる。

場所選びも宿も出会いも。

無理すると、ろくでもないことになる。

風邪をひく、変なことに巻き込まれる。

でもそれも経験になる。

なんならその幅を広げるために行ったりもする。

お金があれば全て解決はできる。

でもそれならわざわざ環境を変えてまでする必要がない。

無茶は自分を広げるための経験。馬鹿な選択ではない。

無茶と恋愛は若い内に。ある人に教えて貰った。

男の子と女の子ではまた違うと思うけど、旅は全てをくれる。

自分の本当の姿をありありと見せてくれる。

悲しくなったり惨めになったりもする。

でも全て自分のものなので、強くありたいかそのままなのか、

自分で決められるし、その選択こそが自分になる。

押し付けられた環境の中で変わらないといけないのとは訳が違う。

いつだって自分がどう生きたいかは自分で決められる。

旅から帰ってくるといつも感じる日本人の熱量のなさ。

活気というか気配というかまるで誰もいなように感じる。

それが今の国民性で美徳なのかどうかは知らない

でももっと大笑いして、泣いて笑って、叫んでもいいと思う。

昔の日本には確実にそれがあった。

他の国を見るとそれを思い出す。

心から生きてるって、この国で感じたい。

人間らしさより安心安全が優先され人間が縮こまってる。

もっと雑でいい。もっと楽でいい。

権利さえ大事に持って人間を大事にしてれば、きっといい国になると思う。

絶対にこのままでいいはずかない。

日本人は変だけど面白い。こんな環境でも頑張れる。

自由になった日本も見てみたいと思う。

今帰ってきて、そう感じる。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional